My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader

犬の栄養学 「どの肉がお好き?」

犬の動物学 「どの肉がお好き?」

肉は犬の大好物ですが、中でもどんな肉が好きなのでしょうか?

ある実験では、犬の好物は、牛肉・豚肉・羊肉・鳥肉・馬肉の順となっていま
す。

しかし、食べ物の好き嫌いは母親や飼い主の嗜好や食生活などの影響を
大きくうけますので、地域差や個体差も大きいようです。

非常に興味深いのは、犬も猫も、まだ食べたことのない新しい味や、食べ物
への好奇心がとても強いことです。

ただ、一度食べて気持ちが悪くなったり、吐き気がしたりした食べ物は二度と
食べない習性も知られています。

人と違って犬や猫は、物事と物事の関係性を直接的にしか理解しないとされて
いますが、食べてから1時間経って腹痛をおこした「嫌な食べ物」に対する記憶
は、例外的に長く記憶に残っているようです。

これは食べることそのものが「生存」に直結するとっても大切な行為だからなの
でしょうね。

犬の栄養学 「犬は甘いものが好き?」

犬の動物学 「犬は甘党?」

犬は雑食性なので、舌の粘膜細胞には甘みを感知する細胞(味蕾)が
よく発達しています。

その結果、犬は人と同じで甘いものが大好き!

特に犬は、果物の糖分である「果糖」や、乳にふくまれる「乳糖」に強く
反応するようです。

アイスクリームやお菓子も喜んで食べる、好みの幅が広い犬に比べ、
狩りで得た獲物しか食べない猫は、腐ったものや苦みに敏感に反応し
ます。

ですから猫は味に対して非常に慎重で気難しく感じられますが、このよ
うな食性の違いを考えれば納得できます。

犬の栄養学 「雑食タイプ」

犬の動物学 「雑食タイプ」


狩りが得意で肉食タイプの猫と違って、犬は何でも食べる雑食タイプ
の動物です。

祖先(オオカミ)はもともと肉食ですが、人の近くで暮らし、家畜化が進
むにつれて犬は獲物を狩りするだけでなく地面に落ちている果物や木
の実などを拾い食いしたりと、その食性も変えていったと考えられます。

犬が家畜となったきっかけは、狩猟採集生活をしていた人の住まいの
まわりをうろついて、食べかすを漁ったり、おこぼれをもらったりしている
うちに、いつの間にか人の群れの一員になり、その中でも特に人なつこ
い子犬を人が育て、交配し、リーダーへの従順心や外敵への警戒心、
獲物追求の能力などを生かしながら、番犬や狩猟犬などに役立ててい
ったのが始まりではないかと考えられています。

犬の栄養学 ドックフードの与え方

「犬の動物学」 ドックフードの与え方


どのくらいの量をどのくらいの頻度で与えるかという観点から、5つに分類されています。それぞれの方法がそれぞれ利点を持っていますが、肥満などのリスクを抱える場合もあるので注意が必要ですね。


◆自由採食法
食べたいときに食べられるよう、フードを常に用意しておく方法です。

[利点]
 ・手間がかからず、専門知識を必要としない。
 ・複数の犬に与える場合、立場の弱い犬でもしっかり食事ができる。
 ・猫では、猫本来の食事パターンに近い。

[欠点]
 ・食べすぎをコントロールしにくい。つまりおデブになりやすい。
 ・食欲や食事量の把握がしにくい。
 ・急速成長期の子犬は肥満になりやすく、骨格奇形を起こしやすい。

適しているのは…
 ・成長期の子猫
 ・妊娠後期、授乳期の動物
 ・体重不足のワンちゃん


◆定量給餌法
自由採食時に食べる量よりも少ない一定量を、1日1回以上の決まった回数で与える方法です。

[利点]
 ・食事量や体重のコントロールがしやすい。
 ・食欲の変化を把握しやすい。
 ・人間とペットの絆が強くなるかも?

[欠点]
 ・ある程度の手間がかかる。
 ・量を調節するための知識が必要です。
 ・猫の場合、一度に大量に食べると嘔吐する場合があります。

適しているのは…
 ・成長期の子犬
  この時期に合った一定量のフードを1日2〜4回にわけて与えます。


◆定時給餌法
予想する摂取量よりも多いフードを、一定の時間内与える方法です。
(犬は5〜15分、猫は1〜2時間)

[利点]
 ・食欲の変化をある程度把握できる。

[欠点]
 ・食事量のコントロールが不正確。
 ・肥満になってしまう可能性がある。
 ・手間がかかります。


◆混合給餌法
ドライフードは自由採食法で与え、ウェットタイプのフードは1日1回以上与える方法です。

[利点]
 ・自由採食に比べてペットとの絆が深まりやすい。
 ・猫本来の食事の形に近い。

[欠点]
 ・食欲や摂取量を把握しにくい。

適しているのは…
 ・猫


◆少量頻回給餌法
1日に必要な食事量を少量ずつ何度かに分けて与える方法です。1日の給餌回数が少ない場合よりも1日の消費エネルギーが増えるので、食事の摂取量も増えます。少なくとも1日3回以上に分けるのが望ましい方法です。

[利点]
 ・少量を数回に分けるので、食欲が衰えている犬や猫でも食欲が確保しやすい。
 ・肥満や体重過剰の犬や猫でも、空腹感を抑制でき、食事量をコントロールしやすい。

[欠点]
 ・これも手間がかかる。

適しているのは…
 ・6ヶ月齢以下の子犬
 ・重労働に従事する犬
 ・厳寒や酷暑の地で生活する犬や猫
 ・ストレスや暑さなどで食欲が衰えている犬や猫
 ・肥満や体重過剰の犬や猫


以上です。 色んな食べさせ方があるんですね ^^

犬の栄養学 ペットフードの種類

「犬の動物学」 ペットフードの種類


ペットフードは目的によって以下の3つに分けられます。


◆総合栄養食
毎日の主要な食事として与えるものです。これと水だけを与えれば、成長段階における健康を維持できるような栄養的にバランスのとれたフードで、規則に定められた栄養成分などの基準を満たしているものです。


◆間食
おやつ、スナック、ごほうびとして、時を選ばず、限られた量を与えるものです。


◆その他の目的食
特定の栄養を調整する、カロリーを補給する、嗜好増進、食事療法などの目的を持つものです。


また、ペットフードには、ウェット、セミモイスト(ソフトドライ)、ドライの3タイプがあります。これらによって、パートナーに見合った量のカロリーと栄養素を摂取させます

犬の栄養学 ドックフードのチェック点

「犬の動物学」 ペットフードはここをチェック!
 

◆賞味期限
ペットフードは食べ物です。賞味期限は必ずチェックしましょう! また開封後は酸化しやすいので、なるべく早く食べきるようにしましょう。ということは、大量購入は避けて、1〜2週間で食べきれる分を買うということですね。


◆年齢やワンちゃんの状態で選びましょう
ワンちゃんとひとことで言っても子犬、成犬、高齢犬、おデブちゃん、食の細いコと様々です。その犬の年齢や体質、体格、運動量に応じたペットフードを選ぶことが大切です。


◆表示のあるものを選びましょう
ペットフードの身元が明記してあることも大切なポイント。どこで作られたものか?安心して食べされられるものなのか?はとっても大事なこと。原産国や輸入国、電話番号が表示してあるものを選びましょうね。


◆表示をよく見ましょう
ペットフードというと、何でも同じように見えますが、それぞれ成分や組成、代謝エネルギー量が違います。特に原材料には、牛肉または鶏肉、豚肉、羊肉なのか?といった表示もしてありますので、食物アレルギーのある犬は要チェックです。


◆量を確認して守りましょう
ペットフードは種類によって代謝エネルギー量が違います。もちろん犬の体重あたりの量は一定ではありません。一日に与える量を確認して、きちんと測って与えるようにしましょう。毎日のちょっとした食べ過ぎが、肥満の原因になりますよ〜


◆保存上の注意
高温多湿のところに置いておくと変質する恐れがあります。涼しく湿気の少ないところで、しっかり密封して保存するようにしましょう。当たり前のことですよね♪


犬の栄養学 ワンちゃんに必要なエネルギー

「犬の動物学」 ワンちゃんに必要なエネルギー

 
ワンちゃんに必要なエネルギーは、体重1キロあたり50〜100キロカロリー。体重あたり人間の約2倍のカロリーが必要です。


ということは、高エネルギーの食事が必要ということですね。たんぱく質の摂取量は、体重1キロあたり約5グラム。人間の約4倍のたんぱく質が必要です。


またワンちゃんに必要なビタミンは人間より多く、ビタミンEは約5倍、ビタミンDは4倍が必要です。ミネラルも人に比べて多く必要で、カルシウムは人の約25倍、リンは約20倍、鉄などは10倍です。牛乳や煮干などの食品やサプリメントなどを適宜補充することがよいでしょう。

犬の栄養学 ワンちゃんに必要な栄養素

「犬の動物学」 ワンちゃんに必要な栄養素


「健康を維持するための基本は食事」とはわかっているものの、巷には様々なドッグフードが溢れかえっていて、選ぶのに迷ってしまいますよね。そんな飼い主のために、犬の栄養管理の基本についてお話します。


ワンちゃんが健康的でいきいき暮らしていくためには、バランスよく栄養をとる必要があります。必要とする栄養素は人間とほぼ同じで、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルの5つですね。その中でも三大栄養源といわれるのが人間と同じで、たんぱく質、炭水化物、脂肪です。


〜たんぱく質〜
たんぱく質は、アミノ酸で構成されています。ワンちゃんの必須アミノ酸は9から10種類で、全て体内では作れません。ということは食事から摂ることになります。たんぱく質を食事でとるとワンちゃんの場合、80%程度が吸収されます。


〜炭水化物〜 
ワンちゃんはもともと肉食性なのですが、炭水化物の消化も比較的高いのが特徴です。とはいえ、構造上、繊維を分解する能力は少ないので、あまりたくさん与えるのは避けた方がいいようです。便秘気味などの場合に、少し多めに与えるのはよいでしょう。


〜脂肪〜 
犬の脂肪の吸収率は、植物性・動物性どちらにしても90%以上で、吸収しやすいのが特徴です。動物性脂肪をばかりを食べていると、必須脂肪酸が足りなくなることがあるので、植物性脂肪に含まれているリノール酸、リノレイン酸なども積極的に与えましょうね。


ドックフードの中の脂肪は時間とともに酸化します。酸化したフードを与えると下痢や食欲不振が起きることもありますので、開封後は空気にふれないように注意するとともに、少量ずつ購入して与えるようにしましょう。

 

犬の動物学 ペットフード

リビングに住む狼に贈る高蛋白動物食



ドッグパラダイス

ドッグパラダイス

安全・安心をモットーに近年急上昇中のワンランク上のこだわりのスーパープレミアムフード、オーガニック・ナチュラルフード(量販店ではもちろん大手プロショップでもなかなか扱っていないフード類)、無添加おやつ、おもちゃ、トリミング用品をはじめペット用品全般を厳選。大切なパートナーであるわんちゃん、猫ちゃんの事を熟知した専門スタッフにより、フード、ペット用品を幅広く取り揃えご提案しております。急なご要望にも極力迅速対応を心がけております



犬用ケーキ・無添加手作りおやつ専門店パティシエール・セリ

犬用ケーキ・無添加手作りおやつ専門店パティシエール・セリ

無添加のこだわり犬用ケーキ・猫用ケーキ、手作りおやつ。
手作りからメーカーを厳選したおやつの種類はなんと約100種類!
無添加・わんちゃんの体に安心がモットーの専門店です!



犬の動物学 自然主義!

自然主義! ササミジャーキー



自然派ペットフード

自然派ペットフード



「ワンちゃんのための栄養学」のコメントについて

「ワンちゃんのための栄養学」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「ワンちゃんのための栄養学」情報をお願いします。

「ワンちゃんのための栄養学」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「ワンちゃんのための栄養学」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「ワンちゃんのための栄養学」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「ワンちゃんのための栄養学」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「犬と泊まれるホテル宿 犬と旅行 ドッグラン 愛犬お役立ち情報!」に関連するサイトでしたらOKです。